FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩甲骨の翼状

上肢のコントロールにおいて、肩甲骨の安定は重要である。
臨床では肩甲骨が翼状・外転し、肩甲骨の安定性が失われている方が多くみられる。
翼状した要因として、前鋸筋の機能不全が指摘されることもあるがそれだけであろうか。
そのような方では、翼状側の骨盤が後方に引かれ、胸郭にもねじれを生じていることが多く見られる。
つまり、肩の位置が対側に比べて後方に位置している。
肩甲骨が翼状・外転位にあるのは、
この後方に位置した姿勢から上肢を長くするための代償とも考えられる。
つまり、姿勢の影響を受けている。

手を使うということは、手指を対象物の合わせて圧を加える力を作り出す必要がある。
手指、手関節などの働きによりこの力を作り出すことができないとき、
肩甲骨の翼状・外転、肩関節の内旋によりこの力を作り出しているのではないか。
このような時、肘関節の屈曲を伴った肩関節の内旋により肘が高く上がった肢位をとることが多く見られる。
このようなとき、身体が使っている情報は手指の接触情報ではなく、
肩甲骨周囲の過緊張や
肘が外側に上がっていることによって生じる肘・肩関節に生じるトルクが
情報として用いられているのではないか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるまるOT

Author:はるまるOT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。