FC2ブログ

作業療法の顧客(回復期患者)

回復期の患者

【どのような状況・現実におかれているのか】

●疾患による身体機能・活動の変化
疾患による一次的な機能変化、廃用などによる二次的な機能変化、
それらに対しての適応するための代償的・適応的変化が生じている。
それら機能変化に伴い、活動の方法も変化している。

●疾患・障害を十分に理解できていない。
脳卒中などによる認知機能に障害がなかったとしても、
患者は自身の疾患・障害について十分に理解しているとは言えない。
学生の頃、授業内容をなかなか理解できなかったように、
研修で学んだことをすぐに自分のものにできないように、
患者も医師や療法士など専門職からの説明をすぐに理解することは難しい。

●環境の変化
回復期病棟に入院している場合には、
自宅とは異なる病棟での生活という環境の変化が生じている。
病棟での生活では、自宅という環境から物理的に離れることで、
行っていた役割を行えず、習慣としていた行為も行えなくなる。
役割・習慣は日常生活にリズムを作り、安定させる。
新たに病棟での役割・習慣が作られていく。
自宅で生活する場合でも、
機能・活動の変化によりこれまでの役割・習慣が変化し、
新たに変化する。
役割の変化は家族・社会における人的環境の中での位置づけも変化させてしまう。

●経済状況の悪化
本人が就労していた場合、収入が途絶えてしまう場合がある。

【どのような価値を持ち、何を期待・欲求しているのか】

●知りたい
自分の身体はどうなってしまったのか、
これからどうなっていくのか、
さらに悪くなってしまわないのか、
自分は何ができるのか、
という気持ちに対して、知りたいという欲求がある。

●取り戻したい
もとの生活に戻りたい、自分らしい生活を送りたいという欲求。

●後悔
なぜ、このような障害を負ってしまったのかという後悔。
人によっては障害を負った自分を恥ずかしいと感じている場合もある。


【どのように行動しているのか】

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるまるOT

Author:はるまるOT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR