FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急性期・回復期の作業療法士の役割

急性期や回復期では発症する前の生活、価値観、どんな想いで生活していたか
しっかりと聞いておいておく必要がある。
患者・利用者さんの中には発症から時間が経つにつれて、自分の生活を忘れ、
入院生活から継続される不活動な生活に陥りやすい。
そして、本来の自分の生活を実感として思い出すことができなくなってしまう。
そうなる前に、急性期・回復期の作業療法士は発症前の生活についてしっかりと聞き取り、
地域の作業療法士へとつなげていく必要がある。
そうすることで、地域でその人らしい生活を獲得するための取り組みを行うことができる。
回復期を退院した状態がその人のゴールではない。
回復期病棟退院時から、数年先になるかもしれないその人らしい生活の獲得にむけて、
作業療法を始める必要がある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるまるOT

Author:はるまるOT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。