FC2ブログ

片麻痺患者の障害像

片麻痺患者の非対称的姿勢は麻痺側の低緊張の結果として生じているのではなく、
麻痺側を低緊張として骨盤を麻痺側に回旋することで、麻痺側臀部の皮膚の中で骨がの位置がずれ、
皮膚などの軟部組織が伸張され、動きを失った状態、つまり固定された状態を作り出し、
その固定を利用して姿勢を保持していると解釈できる。
皮膚の中での骨のずれにより、生じた皮膚など軟部組織の伸張は、
麻痺側臀部のみではなく、その対称的な位置でも伸張されている。
麻痺側の伸張と非麻痺側の伸張により生じる感覚を情報源として姿勢を保持しているのではないか。

だとすれば、介入は麻痺側の軟部組織のみではなく、
非麻痺側の伸張部位に対しても徒手的な揉捻などの手技が必要となる。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるまるOT

Author:はるまるOT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR