FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業療法の顧客は誰か

作業療法の顧客
それは誰だろうか。
作業療法に対して対価を支払う、
作業療法の直接的な対象者である患者・利用者、その家族が挙げられるだろう。

しかし、作業療法を受けるほとんどの場合で、
健康保険または介護保険を利用し、利用者よりも多くの対価を支払っている。
つまり、
健康保険であれば協会健保などの組合、
国民健康保険や介護保険であれば市町村が保険者であり、
また国により補われている。
組合、自治体、国が顧客であるのと同時に、
保険料、税金を納めている国民全体が
作業療法に対して支払いをしている顧客ともいえる。

また支払われる対価は、
医科診療報酬、介護保険報酬を決定する厚生労働省も顧客といえる。

作業療法は対象者がいればすぐに行えるものではない。
医療であれば医師の処方が必要であるし、
介護保険であれば、ケアマネージャーにサービスに組み込まれる必要がある。
医師・ケアマネージャーから選ばれる必要があり、作業療法の顧客といえる。

作業療法士が勤務する事業所も、作業療法士が働く場所を提供し、
作業療法士に対して給与を支払うことから作業療法士の顧客と考えられる。

つまり、作業療法士の顧客とは以下の通りである。

●作業療法を受ける患者・利用者
●患者・利用者の家族
●健康保険・介護保険の保険者(組合・市町村・国)
●保険料・税金を納めている国民
●厚生労働省
●医師
●ケアマネージャー
●事業所

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるまるOT

Author:はるまるOT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。