FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達から臨床を考える

人は生まれると背臥位でなにも動けない状態から、
寝返り、腹這い、四つ這い、高這い、立ち上がり、伝い歩き、歩く。
もちろん例外もあるが、ある程度共通した段階を経て、歩行を獲得していく。

それぞれの段階を順番を経ていくことには意味があるのではないか。
それぞれの段階での経験により獲得された能力は、
次の段階での動きのベースとなっているのではないだろうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるまるOT

Author:はるまるOT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。