FC2ブログ

作業療法の定義再考

企業の目的と使命
企業の目的と使命を定義するとき、
出発点は1つしかない。
顧客である。
顧客によって事業は定義される。


顧客とは誰か
「顧客とは誰か」との問いこそ、
個々の企業の使命を定義するうえで、
消費者、サービスの最終利用者は顧客である。
だが消費者だけが顧客ではない。
顧客は常に一種類とは限らない。
生活用品店は主婦と小売店という2つの顧客を持つ
                              Peter F Drucker

作業療法とは何か

この問いに対しては様々な定義がある。

【理学療法士及び作業療法士法】 
作業療法とは、身体又は精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせることをいう。

【日本作業療法士協会】 
身体または精神に障がいのある方、またはそれが予測される方に対して、その主体的な生活の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発をうながす作業活動を用いて行う治療・訓練・指導・援助を行うことをいう。

どちらの定義も、
「作業療法士は何をするのか」という視点に定義付けられている。
作業療法士から見た視点で、作業療法を考えるのではなく、
作業療法の顧客からの視点で作業療法を考える必要がある。
言い換えれば、
「作業療法とは何かを決めるのは顧客である」
その考えに立てば、作業療法の顧客について考える必要がある。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるまるOT

Author:はるまるOT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR