FC2ブログ

運動学習

リハビリテーションでは、機能の改善と運動学習は切っても切り離すことができない。
身体機能に改善がみられるということは、
そこには運動学習が成り立っていると言える。

運動学習は課題を意識させた方が良いのか、
それとも無意識に行えるように課題を設定した方がよいのだろうか。
言語を用いた教示は、無意識での運動学習を阻害するため、避けられる場合もある。

身近なところでの運動学習を振り返るとどうだろうか。
運動学習については、報酬系、皮質系、小脳系の運動学習や二重課題など、
様々な論文も出ているが、身近な現象からシンプルに考えてみるとどうなのだろうか。

よく例えに出される自転車の運転。
何度も失敗を重ねる中で、倒れずに進むことができるようになる。
その時、体をどちらに倒そうとか、
どちらの手に力を入れようとか、
運動を意識することで、自転車をコントロールしているわけではない。
課題に対して意識しているのは、
倒れないように、前に進むこと。
実際に運転できるようになると、倒れないように進むことのできる感覚が分かる。
それと同時に倒れそうな感覚も分かる。
倒れそうになった時、倒れそうだとは意識するが、
倒れないように操作しなくてはとは考えなくても身体は反応する。
考えていては間に合わないし、
倒れそうだと感じたのと同時に身体が無意識に反応、バランスを取り戻している。
そして意識できるのは、自分の操作で倒れずにすんだという結果である。

そのような経験から言えることは、
・課題の達成を目標として意識していること
・繰り返される試行の中で結果に結びついた反応が出現する
・結果に結びついた身体反応は無意識に生じている
・身体反応は無意識だが、課題が達成されている時と、達成されない時の感覚が分かる
・課題達成のための無意識な身体反応が定着する

課題を何度繰り返しても、その課題達成の結果がどのようなものかが意識されていないと、
どのような身体反応が意味のあるものなのかを認識することはできない。
学習に結びつくことはない。
課題をどのように達成するのかという結果を目標として認識することが重要。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるまるOT

Author:はるまるOT
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR